巻物

知っておきたい探偵安い活用法

ホーム

あなたの配偶者が不貞を犯したら、慰

あなたの配偶者が不貞を犯したら、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料をもらうことはできません。



慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、夫婦の歳、結婚年数など様々な角度から検証して裁判官が判断します。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとすると3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功したということになってしまいます。
本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査は完了し、成功報酬としての料金を請求されます。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。



離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は低いです。それに、不倫した相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。

どの人からみても明らかな浮気の証拠がなくてはいけません。
もし、密会の曜日や時間がわかっているのでしたら、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。
しかし、浮気をしている日時がわかっていたとしても、友人を説得して証拠を撮ってきてもらうにしても、骨折り損になることは確実です。ひそかに証拠を握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。



浮気調査でなにより大事なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。浮気しているか否かが不明瞭な場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。
不倫相手の存在が確かになれば次にすべきことは、浮気相手の特定です。お出かけ先からパートナーの行動を調査したり、見張りなどの方法も用いて、浮気相手の姿・年齢・氏名などを証拠として押さえるのです。相手に気づかれないで誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。

浮気現場の写真を撮ったとしても、露出不足で、誰が写っているか分からないようでは証拠にはできません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、薄型のカメラなども用いて相手が気づかないうちにはっきり判別できる写真を撮ります。まず探偵に関して言うと、不審に思われることを避けるよう慎重に慎重を重ねて目立たないように調査を進めるのに対して、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、まず身分を明かしておいてオープンなやり方で情報を集めるようです。



探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所の方は情報収集に向いていると、おおまかには考えられます。自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、別れるべきか否かなかなか決められずに困りますよね。それを避けるために、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、自分の損得を考えるのが先決です。夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞行為に対する慰謝料を要求して結婚生活にピリオドを打ち、離婚するのもいいでしょう。

どのような行動をしているか記録するこ

どのような行動をしているか記録することで浮気の根拠を示せることもあります。
大抵、人の日々の動き方には決まったパターンがあります。
しかし、浮気すると、そのパターンが揺らぎます。



揺らぎの出た曜日、時間帯を決定づけることができたら、一つ一つの行為を見るようにしていくと、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。


浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。ところが、探偵に頼むと調査料金も安くはないですから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。
探偵へ浮気調査を頼んだら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所の違いで金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査員の数によっても変わりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。当然ですが、調査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。

また、尾行する際に車やバイクを使うと、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、要確認です。

自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は逆上してしまうおそれがあります。


強い心を持っている人でも、実際の密会に居合わせてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が多数確認されています。

平穏に解決するためにも、何よりも、証拠を入手するために、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。


浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、びっくりするするほどに低料金だったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、追加の料金設定がなされていないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。その他、関係団体に届け出ているのか確認が必要です。

法外な調査をしているところには浮気調査の依頼をやめておきましょう。



 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で購入できるのかといえば購入できます。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を用いることが多いのですが、これはいかなる人でもネット等で買うことができます。車に載せるGPS端末は、車の盗難時に備えてつけておくものなので、いかなる人でも買えるのは当たり前です。



レシートとかクレジットカードを見ると浮気を確定することもできるはずです。いつもなら立ち寄らないようなよくコンビニエンスストアのレシートを視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から何回も行っている事になります。


そこで見張っていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、平均では一週間以内です。確認しておきますが、これはあくまでも一般的な期間です。
普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあると思っていてください。一方で、曜日が決まっているとかで浮気をしそうな日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。



さいたま探偵安い 千葉探偵安い 東京探偵安い 横浜探偵安い 新潟探偵安い 富山探偵安い 金沢探偵安い 福井探偵安い 甲府探偵安い 長野探偵安い 岐阜探偵安い 静岡探偵安い

手裏剣


Copyright (C) 2014 知っておきたい探偵安い活用法 All Rights Reserved.
巻物の端